原文英語記事: Neil deGrasse Tyson: Chances of universe being computer simulation ‘may be very high’

 

ヘイデン・プラネタリウムの館長、ニール・ドグラス・タイソンは我々が住んでいる世界は高度な文明を持った宇宙人によるコンピューターシミュレーションの可能性は否定できないと見解。2016アイザックアシモムメモリアルディベートに登場したタイソン氏は、議題としてあげられた、「宇宙はシミュレーションか?」という問いかけに対して、ハーバードの物理学社リサ・ランダルは宇宙が実存しない可能性は限らなくゼロに近いとの見解を発表。もし我々の存在がシミュレーションならソフトウェアにエラーコードがあるはずであり我々もその様な状況を観察できるはずと論じた。また、エラーが拡散することが可能な宇宙はいずれ崩壊せざるおえなく我々の宇宙は安定していることからシミュレーションの可能性は低いと指摘。この点に対してタイソン氏は我々よりはるかに高度な文明によって作られた可能性は否定できない、彼らからすれば我々は稚拙な存在に見えるはずと反論。もしこのことが本当なら、我々が枯れたのエンターテイメントのために作り出された可能性は否定できないとランダル氏の意見に反論した。”真実がわかった日に、僕は『やっぱりね。』と言うだろう。”とタイソン氏は結論づけた。

記事をシェアする:Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page