原文英語記事: China space station Tiangong-1 could secretly be hurtling towards Earth, astronomers say

 

中国は初めて打ち上げた宇宙ステーションが制御不能になり、地球に墜落する可能性が浮上した。2011年に打ち上げられた天宮1号はすでに任務が終了し、計画的に地球に墜落すべきだったが現在は制御不能状態にありいつでも地球に墜落する可能性が出てきたを天文学者の観測からわかった。通常であれば、大気圏で大半は焼き切れ、また人口が過密している地区へ落下する可能性は低いとしながらも、衛星の規模が大きいために2時災害の可能性はまだ残っていると学者は警鐘を鳴らしている。マチュア天文観測者のトーマスドルマン氏は衛星の観察から中国当局は完全に制御を失っていると考えていると見解を明らかにした。現在のところ中国当局からの発表は無い。

記事をシェアする:Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page