原文英語記事: Russian Television Warns of Nuclear War Amid US Tensions

ロシアの主要メディア局でここ1ヶ月間の間、再三に渡り米国との核戦争の危険性を示唆する放送がなされている。放送内容には国民に近くの核バンカーの場所の確認など有事の際の準備を促している。ロシア系ハッカーによる米国大統領選関連でのハッキング、シリアでの米露の代理戦争となりつつある現状などを挙げ、放送では露米間の関係が悪化してると指摘。また、実際にロシア軍は大陸弾道ミサイルを西側主要都市を標的圏内にする北ヨーロッパ地域へ移動することを発表、さらには大陸弾道ミサイル3機の実験試射を行っている。西側の研究者には、今回の行動はロシアでは日常的な中央政府としてのアピールとして核戦争の現実性は少ないと指摘する意見もある。

記事をシェアする:Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page