原文英語記事: We’re in the middle of a dangerous Tuberculosis pandemic and we’re not doing enough to stop it. | UN Dispatch

世界保健機構(WHO)による新しいレポートによれば結核はすでに予想されていた事態より遥かに非道状況にあり、世界規模でパンデミックと成っている。今での結核による死亡報告例は実際の例を大きく下回って報告されており現状はもっと酷いことが今回わかった。2014年では子供の死亡数が14万件報告されたが実際は21万件の死亡があった。また、発症例も2014年には150万件あったが2015年には180万件が報告されている。また、結核の拡大感染の背景に”恥”があり、多くの発症患者は適切な医療対応を受けていなく、まさしく結核はグローバル規模でパンデミックと成っていると報告されている。

記事をシェアする:Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page